クレカのコミッション

クレジットカードの手数料

クレジットカード手数料について調べてみました。
クレジットカードの手数料とは、加盟店手数料を指すもので、加盟店側がカード会社に支払うものです。

電器店や居酒屋で、よくカード使用の際に、3%の手数料がカード払いだと上乗せになりますというようなことがあるのではないでしょうか。
この手数料は、はたして支払うべきものなのでしょうか。

結論から言うと、上乗せされた手数料は払う必要はないのです。
本来手数料は一種の販売促進費です。

店側が顧客に押し付けようとしているだけで、顧客が払うものではないといえるものなのです。
堂々と店頭やウェブサイト上で、代金の5%の手数料が、クレジットカードを利用する際には必要になりますと提示している店もけっこうあります。

今の日本では顧客を大切にするカード会社なら手数料を返してもらえることも、加盟店規約違反でカード会社に苦情を出すとあるようです。
手数料は顧客が持つものだと、オーストラリアなどのように決められている国も多いようです。

入会手数料や事務手数料など、クレジットカード申込時の費用も一切かからないと考えて良いといえるでしょう。
もしクレジットカードの手数料が発生するという場合は、キャッシングを利用した時の金利、会費や分割払いの金利程度のものでしょう。

クレジットカードの利用を考え直した方が良いのは、手数料を請求されるような状況に実際になってしまったときでしょう。

クレジットカードの手数料関連エントリー

クレジットカードの手数料
クレジットカードの手数料についての情報を紹介しています。
クレジットカード手数料の仕組み
クレジットカード手数料の仕組みについての情報を紹介しています。
クレジットカード手数料の注意点
クレジットカード手数料の注意点についての情報を紹介しています。