クレカのコミッションの枠組み

クレジットカード手数料の仕組み

クレジットカード手数料は、どんな仕組みなのでしょうか。
このクレジットカード手数料の仕組みがわかってしまうと理解できるのが、利用者がクレジットカードの手数料を支払う必要がないということです。

加盟店で、カード会員がクレジットカードを使って買い物をした場合です。
カード会社はまず代金を立て替えて加盟店に支払います。

会員が利用代金を、引落日迄に銀行口座に入金するという信用のもとで行われることです。
加盟店は代わりに信用の証として、カード会社に利用代金の3%〜7%の手数料を支払うことになります。

クレジットカード決済だと手数料分だけ、加盟店にとっては儲けは少なくなりますが、買い物は今現金が無いからやめようという売り逃しを減らすことが可能です。
そして結果としては売上が増加するのです。

傾向として、顧客の方はついカードを持っていると財布の紐が緩み、高額なものでも購入してしまうようです。
手数料分を差し引いても、加盟店にはメリットが生じるようになっています。

加盟店からの手数料を受取る他にもカード会社は、分割、リボ払い、キャッシングの際の金利手数料、年会費などを、カード会員からは受取ることができるのです。
利用者が購入しやすい環境を整えることで、クレジットカードが利用できる加盟店では、売り上げアップをすることが出来るかもしれないのです。

加盟店、クレジット会社ともにメリットが十分にあります。
あなたがクレジットカードを使うときに、手数料請求された場合には、支払う必要は無いと考えても良いのかもしれません。

クレジットカード手数料の仕組み関連エントリー

クレジットカードの手数料
クレジットカードの手数料についての情報を紹介しています。
クレジットカード手数料の仕組み
クレジットカード手数料の仕組みについての情報を紹介しています。
クレジットカード手数料の注意点
クレジットカード手数料の注意点についての情報を紹介しています。