クレカ即金化はリスクあり

クレジットカードの現金化は危険

クレジットカードを現金化する方法があるようですが、利用するには注意が必要です。
ショッピング枠を使ってクレジットカードで物を買っても、代金を払い終わるまで所有権は利用者に移りはしません。

完済までは商品の持ち主はクレジットカード会社となり、全額払い終わると所有の権利が移行するという仕組みです。
ショッピング枠で買った商品については、全額精算して所有権が移ってからでなければ、再度売ることができない決まりです。

そのため、カード払いで購入したばかりの商品を現金化することは違反となるのです。
カード払いで発生した商品の払い込みが完全に終わっていないのに、手に入れた商品を質屋に持ち込んだり誰かに売ったりという現金化は、カードに定められている規約に反します。

それでも、ショッピング枠を現金化する時に使った支払いを以後きちんと行っていればトラブルにはならないかもしれませんが、何らかの形で支払いが滞ってしまった場合に大変なことになってしまいます。
しかし、クレジットカードの現金化をしなくてはならないような状況では、いつ支払いが滞るかわかりません。

最終的に、借金が膨らんで返済のあてがなく自己破産となってしまうこともあります。
購入したものの支払いが最終的に不能状態に陥ってしまった場合、キャッシング会社から商品を会社に差し戻すようにという通達が来る場合もあります。

クレジットカードを現金化し、ショッピング枠を使って商品を購入する手続きをしてからすぐに自己破産をしたとなると、詐欺罪で訴えられることもあります。
クレジットカードをショッピング枠を利用して現金化するというやり方は、法的にもスレスレなことといえます。

クレジットカードの現金化は危険関連エントリー

クレジットカードの現金化とは
クレジットカードの現金化についての情報を紹介しています。
クレジットカード現金化の方法
クレジットカード現金化の方法についての情報を紹介しています。
クレジットカードの現金化は危険
クレジットカード現金化の危険についての情報を紹介しています。